ガラスコーティング 愛知県 春日井市

ホーム
完全無機質のガラスコーティング
無機質ガラスコーティング
無機ガラス系のコーティング
完全無機質のホイールガラスコート
純フッ素結合のワイパーがビビラないガラス撥水コート
車内根こそぎ一掃
WebShop
初めての方へ
写真館
メーカー別施工事例
FAQ
こだわり色々
リンク集
メールマガジン
技術指導研修
プライバシー・ポリシー
メール
サイトマップ

注意が必要なコーティングの種類

以下表に有るコーティングは、お勧めできません。
結局定期的にワックス作業をする事になるからです。
石油系溶剤を含む為酸化します。酸化すると言うことは、
塗装も劣化します。これらは、塗装を保護する能力がありません。

新車購入時、依頼もしていないのに勝手に見積もりに入っており、気が付かない人から
料金を取ると言う極めて悪質なケースが多数見受けられました。ご注意下さい。
施工内容は、洗車後に塗って拭くだけで料金は、一人前です。
最近では、ガラスコーティングを別途料金でディーラーで施工又は、外注業者にて施工するも問題が沢山あります。
1・実際施工する人が分からない
2・どこで施工するのか分からない(店舗構えや立地条件が良いとかの問題では、ありません)
3・のっけから外で洗車している
4・新車だからといってろくに塗装状態も見ず施工する
5・天窓など自然光が入る状態で塗装状態を見る(照明をつけも正確に細かい傷などはほとんど見えない)
6・新車しか施工しない
7・どんなガラスコーティングでも、すべて良いと思い込んでいる
8・よく分からないので4種類も5種類もラインナップしている(お客様のお車で実験している)
9・皮膜に対する知識やそれに対応する技術がない
10・磨きの技術がない(○○と言う磨く機械ポリッシャ−で仕上げているから大丈夫と言っている又そう思っている)

少し考えただけでもこのくらいは、出てきます。
さて上記のような事で大切な愛車をお任せできるでしょうか?果たして仕上がりは?今後は?
現代は、インターネットを駆使し色々なサイトが沢山ある中、良い職人さんを見つける事がなかなか難しく
なってきております。
ここ数年は、職人と言うより、商売人の方が圧倒的に多いのが実情です。
ディーラーオプションのコーティング 内容
CPCペイントシーラント ほとんどワックスです。メンテナンス剤(液状のワックス)を1〜3ヶ月に一度掛ける必要有り。
ファイブイヤーコート ほとんどワックスです。メンテナンス剤(液状のワックス)を1〜3ヶ月に一度掛ける必要有り。
ポリマーシーラント ほとんどワックスです。メンテナンス剤(液状のワックス)を1〜3ヶ月に一度掛ける必要有り。
QMIペイントシーラント ほとんどワックスです。メンテナンス剤(液状のワックス)を1〜3ヶ月に一度掛ける必要有り。
マツダスーパーコート ほとんどワックスです。メンテナンス剤(液状のワックス)を1〜3ヶ月に一度掛ける必要有り。
スターシールドコート ほとんどワックスです。メンテナンス剤(液状のワックス)を1〜3ヶ月に一度掛ける必要有り。
これらのコーティング剤やメンテナンス剤の匂いをかいで見てください。石油の匂いがします。
それは、石油系溶剤が入っているからです。要するにワックスです。
テフロン加工 メンテナンス剤(液状のワックス)渡していないところも有りますが、メンテナンス剤(液状のワックス)を1〜3ヶ月に一度掛ける必要有り。
フッ素樹脂加工 メンテナンス剤(液状のワックス)渡していないところも有りますが、メンテナンス剤(液状のワックス)を1〜3ヶ月に一度掛ける必要有り。
フッ素レジンポリマー メンテナンス剤(液状のワックス)渡していないところも有りますが、メンテナンス剤(液状のワックス)を1〜3ヶ月に一度掛ける必要有り。
セラミックコート メンテナンス剤(液状のワックス)渡していないところも有りますが、メンテナンス剤(液状のワックス)を1〜3ヶ月に一度掛ける必要有り。
チタンコート メンテナンス剤(液状のワックス)渡していないところも有りますが、メンテナンス剤(液状のワックス)を1〜3ヶ月に一度掛ける必要有り。
注意が必要なコーティングの種類